テクニカルダイビングとは

ブログ_カテゴリー_テクニカルダイビング

今までのダイビングに物足りなさを感じている方、更に水中世界を広げたい方、珍しい生物に出会いたい方、 新しいダイビングに挑戦したい方、ダイブマスターやインストラクターなどプロの方、テクニカルダイビングを 体験してみてください。

体験テックダイビングの紹介

 

トライミックス

 

スクーバダイビングは水中という、人が生きていくことのできない、特殊な環境を器材を頼りに安全に楽しむ レジャーです。ですからダイビング自体が特殊なレジャーなのですが、ここで紹介するテクニカルダイビング とは一般的なダイビングとは違った知識とテクニック、責任を必要とする、ダイビングの事を指します。テクニカルダイビングのコースは厳しいと考える方もいらっしゃると思います。確かに簡単ではありませんが一つ一つ進めて行けば夢へと近づいていけます。そんな方々もラウトではコースに入る前の準備段階(必要なスペシャルティや必要なスキルなど)からのご相談、トレーニングも受け付けております。

ご質問、問い合わせはこちらより

アイスダイビング テクニカルダイビング

テクニカルダイビング セッティング

静寂の沈船(レック)の内部へ、水中洞窟(ケーブ)の奥深くへ、厳寒の氷(アイス)の下へ、水深100m(トライミックス)の世界へ、あなたの夢をかなえましょう!

サイドマウント テクニカルダイビング

レックダイビング テクニカルダイビング

リクリエーションダイビングの特徴

●深度40mまで
●頭上が塞がれてなくいつでも水面に浮上が可能(カヴァーンやレックペネトレーションは出入口の光が見え水面から垂直水平距離40m以内)
●減圧停止を伴わない
●1ダイブに1種類のガスを使用(装着本数は関係なし)

テクニカルテクニカルダイビングの特徴

●最大深度はガスの種類などで変わるが、制限はなし
●頭上閉鎖環境(距離に関係なく、光の届かない場所や水面から垂直水平距離40m以上の場所)
●減圧停止が必要
●1ダイブで2種類以上のガスを使用
●これらのことをバックアップの装備や事前の計画など様々な準備を含めテクニカルダイビングという分野になります。

ダブルシリンダー、サイドマウントはスタイルであり、テクニカルダイビングではありません!
また事前に計画をしていない減圧停止が出てしまったダイビングやバックアップを考えず、減圧用のガスだけを持っていく装備もテクニカルダイビングではありません。
これらのことを勘違いすると重大なトラブルになることもあります。

ご質問、問い合わせはこちらより

体験テックダイビングの紹介

ケーブダイビング テクニカルダイビング

ブログ_カテゴリー_テクニカルダイビング