PADI
オープン ウォーターダイバーコース


ダイビングの資格とは、運転免許のように国の機関によって発行されるものではなく、世界的に共通のカリキュラムを提供しているPADIに代表される民間のスキューバダイビング教育機関が認定の意味で発行しているもの。CカードのCはCertification(証明)の頭文字からとったものです。
●受講資格:
年齢15歳以上(ジュニア・オープン・ウォーター・ダイバーは10歳以上)
●講習内容:
学科講習+プール実習+海洋実習4ダイブ●コース習得後:
自分たちでダイビングの計画を立て、バディ・システムを守り、ダイビングを楽しむことができる/インストラクターなどの引率をつけずにコンディションの良い海でダイビングができる/ダイビング器材の購入やタンク・レンタルなどのサービスを受けることができる/アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー・コースや各種スペシャルティ・コースなどのランクアップコース参加できる、など
自分たちでダイビングの計画を立て、バディ・システムを守り、ダイビングを楽しむことができる/インストラクターなどの引率をつけずにコンディションの良い海でダイビングができる/ダイビング器材の購入やタンク・レンタルなどのサービスを受けることができる/アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー・コースや各種スペシャルティ・コースなどのランクアップコース参加できる、など 1人前のダイバーになって、ダイビングを楽しみたい

ダイビングの講習を受けてみたい。ダイビングを良い趣味として始めてみたい。「PADIオープン・ウォーター・ダイバー・コース」は水中世界の感動を経験するためのダイバーになるコースです。

「PADIオープン・ウォーター・ダイバー」取得後は、18メートルより深くダイビングする「ディープ・ダイブ」やコンパスを使って、水中を自由自在に泳ぐ「ナビゲーション」など、いろいろなスタイルのダイビングができるようになる「アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー・コース」や水中カメラのコツや魚の名前の覚え方など、興味のある分野に詳しくなれる「スペシャルティ・コース」にも参加できるようになり、ダイビングの世界がグーンと拡がります。

コースのスケジュールは?

「自習」
「学科講習」
「プール実習」
「海洋実習」
の4つから成り立っています。

◆「知識の開発」は、申込時にDVDとマニュアルが渡され、自宅で学習する「自習式」で行いますので、自分のペースでダイビングの知識を事前に身につけることができます。
その後、インストラクターとともにしっかりと知識が身についたかどうか、当店での学科講習で確認をします。
◆「プール実習」では,、ダイビングのスキルを練習してしっかり身につけ海洋自習に臨みます。
◆「海洋実習」では、ダイビングの知識とスキルを実際の海へ応用してみます。もちろん、本物の海ですから、お魚も見られたりダイビングを楽しむことができます。1日2回、2日間で4回のダイビングを行います。

ラウト講習スケジュールの詳細

取得料金の詳細