PADIコースディレクターとは?

当店代表である吉田が持つ資格「コース・ディレクター」とは、PADIダイバー教育システムにおけるPADIインストラクター最高位のランクで、その数は、世界中の全PADIプロフェッショナル10万人の約1%にも及ばず、ここ神奈川にも10数名ほどしかいません。
毎年2回行われるPADIコース・ディレクター・トレーニング・コース(CDTC)には、世界中から約200名の応募があり、その中から選ばれたわずか70名が2週間に及ぶ長いコース(CDTC)に参加することが許されます。
PADIコース・ディレクターは、インストラクター開発コース(IDC)を開催してPADIオープン・ウォーター・スクーバ・インストラクター(OWSI)を認定できる唯一の資格です。
またダイビング業界で強い影響力をもつオピニオン・リーダーでもあります。

PADIコース・ディレクターになると・・・

◎PADIインストラクター開発コース(IDC)、OWSIプログラム、IDCスタッフ・インストラクター・コース、各種スペシャルティインストラクターコースを実施・認定できる。
◎エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター・コースを実施し認定できる。
◎PADIメンバーへステータス・アップデートを実施できる。要するにインストラクターのインストラクターですね・・・

PADIのホームページでコースディレクター紹介

 

マレーシアで2週間行われた、CDTC(コースディレクタートレーニングコース)の様子

全世界のマスタースクーバダイバーが真剣に受講しています

色んな国籍の方が受けられています

開催地はマレーシア・コタキナバル世界各国から47名のマスターインストラクターが集結しました
そうそうたる顔ぶれです

そして無事卒業式
日本からは7名のコースディレクターがこの時誕生しました!

PADI本部スタッフと。見覚えのある顔が・・

PADIワールドワイド社長のドリューリチャードソン氏と吉田