ブルーウォーターダイビング締切近し!お申し込みはお早目に!

2020年度
ブルーウォーターダイビング募集中!

黒潮』は、日本の太平洋側を流れる世界最大級の海流です。このような海水は水温・塩分ともに高く、非常に透明度が良いとされています。すなわちこの海域をブルーウォーターと呼んでいます。
一年のうち初夏から夏にかけて黒潮は伊豆半島に非常に接近し、支流が駿河湾にも流れ込んできます。この時期を狙って、黒潮の支流、時には本流の中でダイビングを行うミクロネシアエリアで行われている潜り方です。

伊豆半島でも時には30mという透明度の日もありますが、ブルーウォーター海域はその比ではありません。なんと50mオーバーは当たり前の状態です!
また船での移動の際には「イルカ」や「マンタ」、過去にはなんと「ジンベイザメ」にも遭遇したことがあるそうですよ!
普段のダイビングとはまた違う、ブルーだけの世界を楽しむダイビングはいかがでしょうか?
日本でもなかなか体験できません!
それが普段から慣れ親しんでいる、西伊豆・田子から出港してお楽しみ頂けます!

 

2020年度は以下の日程で開催されます

●7/25(土)-26(日) 現在参加者2名 残席3名
●8/8(土)-9(日) 現在参加者4名 残席2名

まもなく定員です!お早目にお申し込みください

 

ブルーウォーターダイビング料金等の詳細
→ コチラ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA