11/23新嘗祭と逗子小坪との関係

昨日は勤労感謝の日でしたが…
逗子のビーチにはこの「勤労感謝の日」に関わる特別なお話があります

以前ラウトから一番近場のポイント逗子ビーチのサンゴイソギンチャクについてお伝えしましたが

 

海藻もよく生えています

その一つ
ミル
(漢字でかくと海松)

タツノイトコが擬態してたり

ヒラミルウミウシがいたりでダイビング中に水中で目にされた事がある人も多い植物
実はこの「ミル」食べられるそうです

日本では古くから、天皇が新穀などの収穫物を神々に供えて感謝し、自らも食する「新嘗祭」(にいなめさい)という祭事が行われてきました

そしてこの逗子市小坪産のミルは、11/23の勤労感謝の日に宮内庁で行われるその新嘗祭で、天皇陛下への献上される各地の特産品の1つとして、なんとこの小坪産のミルが今でも献上されているんです!

 

昔からこの当たりのミルは質がよかったんでしょうか・・・?

ミルは昔から庶民との接点は強く
前述したとおり食用や

こう言った衣服の文様にも用いられてきました

可愛いですね

そんな11/23の話題でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA