湘南の海のアマモを復活させよう

アマモとは・・・
胞子で増える「藻類」ではなく、海中に生える種子植物、いわゆる「海草」


アマモは潮流を和らげ、外敵からの隠れ場ともなるため、魚類や頭足類の産卵場所、または幼稚魚や小型動物の生息場所となっていて「海のゆりかご」とも言われています
また、富栄養化のもととなる窒素やリンを吸収し、水質浄化の面でも重要な役割も果たしている、とっても重要な水中植物なんです
そんな大切なアマモが
埋め立て、護岸工事、水質汚濁等で減少して来ています
アマモの減少は、さらなる環境悪化の大きな一因ともなり、漁業の減少にもつながる可能性が指摘されています
要するに、海を綺麗にして、魚達を増やすアマモちゃんが、我々人間の勝手な都合でどんどん無くなってきているみたいです
そこでラウトでは地元の海を美しくしよう!と環境保護活動の一環として逗子の海岸のクリーンアップや、アマモの植え付けツアーなどを開催しています

過去のアマモ植え付け活動報告→ コチラ

お問合せください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA