3月2日 富戸ヨコバマで写真ツアー

富戸ビーチでシマヒメヤマノカミとヒメイカを狙います!

DSC_1652.jpg
DSC_1651.jpg
20150302_103942.jpg

では参加された皆様の写真です!
いやーみんな凄いです!

hikino.jpg

PHOTO BY 比企野さん
タツノイトコ
接写で撮られて、どうしよう・・・俺男前に写ってます?
と言う表情ですね(笑)
この魚はうねりに合わせてホントよく動くので、ピントを合わせるのが難しいのですがしっかりタイミングをとらえて撮れてます!凄い!

papa2.jpg

 

papa.jpg

PHOTO BY 金子パパ
キタマクラ
バックのグリーンと実はキタマクラの繊細さを浮き出るように撮れた良い写真ですね~
地味な魚も撮り方によっては一気に主役になれる色合いを持ってるんですね!!
ヒメイカ
世界一小さい2cmのイカを、難しいタイミングでシャッター切れてます
この他にもかなりの枚数写されていました
撮影の基本です。「何枚」も撮った者勝ちです
その中でかなり難しい動きのあるヒメイカをとらえた1枚です
頑張りました!

bart.jpg

PHOTO BY バート
キンギョハナダイの正面を上手いタイミングで切ってます
表情が出ていてとても良い作品ですね

chiduru.jpg

 

chiduru2.jpg

PHOTO BY 千鶴さん
左:シマヒメヤマノカミ 右:サンゴイソギンチャクの中のクマノミ
2匹とも良い表情ですね
魚達がその場にいる時の気持ちも合わせて撮れてますよ
そして魚達に「セリフ」を付けるとイメージが湧いて撮ってる時にテーマが絞られます
クマノミ:なんだよりラックしてたのによ~見てんじゃねーよ
・・・みたいな(笑)
最近千鶴さんはその「テーマ」を持って撮れてると思います
本人は気付いてないかもですが、個人の好む角度や色合いは必ず本質的にあります
それはセンスなので磨いて行ってください!!

nomurin.jpg

PHOTO BY 野村さん
カザリイソギンチャクエビ
うねりあるイソギンチャクの動きのタイミングを上手く避けてシャッターを切れました
持ち上がってるようなサンゴイソギンチャクの背景が、波のような動きを再現し、停止画ですが躍動感ある作品になっています
さすがのむりん!
エビにしてみれば広い世界にいる、その情景をうまくエビの視点で捉えている感じがします
はい…(T_T)

kotaro.jpg

素晴らしい作品を皆様が撮ってる合間
吉田はこの日サイドマウントでご一緒しました・・・
しかしこれでいっぱいいっぱい…(ごめんなさい)
あんまり良い写真は撮れませんでした(T_T)
しかし皆さん写真のレベルが上がってきました
帰りは川津桜をみて

20150302_154433.jpg

麦とろ!

DSC_1663.jpg

変わらず美味しい!
変わらず可笑しい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA