BCDをカスタマイズして遊びました

OMS BCD ダイビング ウェイトポケット

これから水温下がってドライスーツのインナーを重ね着すると、浮力が働いてしまいます

水曜日に初島に行きますが
あそこはアルミシリンダー
スチールより少し「ウェイト」を増やさないといけません

当然参加する方も浮きやすくなるので、我々は予備ウェイトを持っていくのですが、現在吉田が使用しているOMS社のBCDの装備だとウェイトを入れる(装着する)場所が足りていませんのでどうしようかと思っていました

OMS BCD ダイビング ウェイトポケット

シリンダーベルトにもともと2つ付けてたので

OMS BCD ダイビング ウェイトポケット

腰のベルトに単体のを2つ付けました

OMS BCD ダイビング ウェイトポケット

2kg玉も余裕で入ります

以前にも紹介したやつですね
→ コチラ

OMS BCD ダイビング ウェイトポケット

BCD本体のベルトにかっちり装着できるので、腰にするベルトみたいに水中で位置が変わることがありませんし、ウェイト量の変更も容易に出来るのでとても便利です

 

テクニカルダイビング カスタマイズ Dリング

そしてこのOMS社のBCDは、自分の好きな場所にこの「ウェイトポケット」を装着したり、カメラやライトなどを引っ掛ける「Dリング」も好きな所に好きなだけ装着でき、自分だけのカスタマイズが出来るBCDなんです

 

コンフィギュレーション ダイビング 器材

このいわゆる背中に空気が溜まる「バックフロートタイプ」は初めはバランスを取るのが難しいですが、慣れてくれば・・・

中性浮力 トレーニング 練習 プール中性浮力で「トリム」の姿勢は非常に取りやすいBCDです
初めてこのBCDを装着し、使用した方もこの通り!

肩の部分に制約がないので非常に動かしやすく、水中カメラなども撮影しやすいです

コンフィギュレーション ダイビング 器材

バランスの良い理由は、ベルトの長さを自分の体に完全にフィットさせてコンフィギュレーション(調整)するからにあり、自分の体に合ったBCDにする事で可能なんです!
(なので人には貸せないんです!)

体型や着るスーツが変わっても、ベルトの長さを調整するだけでOKなので買い替え不要です

 

構造的にはハーネス部分とブラダー部分に分かれています

OMS ダイビング BCD ハーネス プレート

OMS ダイビング BCD ブラダー

浮力を変えたければ、袋の部分「ブラダー」を交換するだけでOK
気分を変えてカラーを変えて潜ってみたり・・・も可能ですね(^_^)

 

セルフリライアント PADI ダイビング

また
エアーの早い人はこんな感じで予備のシリンダーをDリングに引っ掛けて装着して潜れたり

将来ツインシリンダーテクニカルダイビングをやってみたい・・・場合の方も、このBCDなら使用できるんですヨ!

非常に使い勝手が良く、高性能のこのBCD

興味のある方、是非お問い合わせください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA