止まない雨はありません

本日4月19日は二十四節気の一つ『穀雨(こくう)』でした
穀雨春雨が降って百穀を潤す頃という意味があります

穀雨の頃には南から水蒸気を多く含んだ空気が流れ込むようになり、低気圧が通過するときにはまとまった雨が降るため、田畑を潤して農作物の新芽を盛んに成長させます
まさに昨日の雨がそうでしたね

穀雨の次は暦の上で夏が始まる『立夏(りっか)』ですが、この時季を過ぎると次第に天候は安定し、日差しも強くなって初夏を迎えるようになり、植物や農作物はいっそう成長していきます
新緑も楽しみですね

世間はまだ落ち着きませんが、自然の生き物達は毎年のように着々と次の季節に進んで準備しています

止まない雨はありません
夏には収束している事を願いつつ

夏に向けて何か目標立てておきましょう~\(^-^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA