ロープワーク スペシャルティコース Rope Work(RWS)

ダイビング ロープワーク PADI SP 講習 コース

ロープワークに関するスキルの紹介・知識・手順・テクニック・問題点・危険性・楽しさを知り、陸上は勿論、水中や船舶などのダイビングシーンで最善なロープワークを提供する事が出来るようになります

受講資格

PADIオープン・ウォーター・ダイバー 以上 またはPADIジュニア・オープン・ウォーター・ダイバー以上で、12歳以上

学科のみの受講はノンダイバーでも可能

講習内容

◆学科講習 約2時間~3時間
◆海洋実習 2DIVE

①ロープワークで必要となるロープの材質、強度、太さなどの知識を学ぶ
②奨励されているロープの手入れとメンテナンス手順を実施できるようになる
③ノット(結び)とは何か、またどのような場合に必要となるのかを理解する
④いくつかの結び方を練習し最低5種類以上の結び方をマスター出来る
⑤水中でロープを使うことの問題点、危険性、についての実際的な知識、技術を身に付ける事が出来る

ダイビング ロープワーク PADI SP 講習 コース
ロープの種類と分類

・ロープの歴史
・ロープの構造による分類
・材料による分類
・用途に合わせてロープを選ぶときの4つのポイント
・マリン向けのロープについて

取扱いと手入れ
・ロープを扱う時の6つのポイント
・ロープの手入れとメンテナンス

ノット(結び) の原則
・結びとは何か?
・良い結びの3つのポイント
・結びの3つの要素

<基本の結び Ⅰ>
・ロープにコブを作る(結び)
◆止め結び
◆8の字結び
◆災害時に使用できる連続した止め結び

・ロープ同士をつなぐ 
◆本結び
◆一重つなぎ( 二重つなぎ)
◆テグス結び

・ロープを他の物に結ぶ
◆ひと結び ◆ふた結び ◆巻き結び( 二巻結び) の縦横バージョン

ダイビング ロープワーク PADI SP 講習 コース

<基本の結び Ⅱ>

・もやい結びを覚える
◆もやい結び 二種類の結び方

・ロープの長さを調整
◆シングル( ダブル) チェーンノット

・ロープの収納 
◆棒結び ◆コイルエクセレント

・ダイビングにおけるロープワークの応用
◆ボート
◆ディープ
◆ドリフト
◆サーチ&リカバリー
◆その他

 

ダイビング ロープワーク PADI SP 講習 コース

<海洋実習>
2DIVE
教わったロープワークを水中や港で、実践してみる

ダイビング ロープワーク PADI SP 講習 コース

 

講習料金 (税別)

ダイビング ロープワーク PADI SP 講習 コース

<講習費>
12,000円

●海洋実習費
各ダイビングポイントの ツアー料金 に準じます

●催行人数
・ビーチダイビングは県内ポイントなら1名様より開催可能(それ以外のエリアでのポイントはご相談ください)

 

<申請料> 4,800円(任意)
上記デザインのCカードが発行されます

 

過去の受講の様子は
→ コチラ