明日はいっぱい撮るぞ

本日10月8日(金)は
二十四節気「寒露(かんろ)」

夜が長くなり、草花に冷たい露がつく頃とされています

秋が深まると、草花には冷たい「露」がつき始めます

朝日に照らされ、葉先でキラリと光る一粒の露は神秘的な印象さえ受けます

昔の人は、この文様でその美しさを表現しました

玉になった露が、風になびく芝の葉先に光っている様子を表した「露芝文様(つゆしばもんよう)」

野の芝に、秋の冷気で露がつく様は涼を感じさせるため、秋のみならず、暑い時期の着物の文様としても親しまれているようです

明日の写真撮影ツアーでは、この露芝文様の様な玉ボケ狙って撮りたいですね(ムズイ)

そして季節感感じる写真を撮りたいですね〜

 

水中写真 ダイビング 講習 デジカメ 撮り方 インストラクター

明日は水中カメラ撮影チームオンリーで行きますから存分に撮ってきます

テーマは秋!

どんな写真が撮れるか楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA