ボートダイビング PADI SP 講習 手順

当店では
PADIボートダイバースペシャルティコースを常時開催
勿論、アドバンスドオープンウォーターダイバーコース取得の一環(クレジット)になります

参加前条件

PADIオープン・ウォーター・ダイバー 以上
またはPADIジュニア・オープン・ウォーター・ダイバー以上で、10歳以上
または他団体の同等資格の方

学科講習

海洋実習地、ログ付け時で可能

必要ダイブ数

2回のオープンウォーターダイブで構成され1 日で実施可能

講習内容

<様々なダイビングボートの特徴と利点、利用する上での注意点を紹介>

ボート ダイビング PADI 講習 SP●伊豆で利用する日帰り用小型ボート

ボート ダイビング PADI 講習 SP●ドリフトダイビングなどで利用する大型ボート

パラオ 龍馬号 ボート ダイビング PADI SP●宿泊できるクルージング用のクルーザーボート

 

<ボート上での器材装着の練習>

ボートダイビング セッティング 練習 トレーニング PADI SP

●狭い船上を想定して、陸上で器材装着の練習

 

<乗船・出港~エントリーまで>

ボート ダイビング PADI 講習 SP

●ボート乗船時の注意
・忘れ物をしないコツ
・予備器材は何を用意するべきか
・乗船までにしておかなければいけない事

●セッティング後の器材配置方法
・乗船位置について

●緊急キットの位置を確認
・救命衣、無線機、救急キットなど

●船酔いを抑える方法
・船酔いの原因
・予防策

田子 ダイビング ボート スペシャルティコース SP

●エントリー前にすること
・どのタイミングで準備を開始するのか
・エントリーまでに注意する事

<エントリー方法>

ボート ダイビング エントリー PADI 講習 SP●ボートに適した以下のエントリー方法を練習

 

ジャイアントストライド エントリー ボート PADI

・ジャイアントストライドエントリー

 

ボート ダイビング サイドロール エントリー

・サイドロールエントリー

 

フロントロール エントリー ボートダイビング PADI・フロントロールエントリー

 

バックロール エントリー ボートダイビング PADI

・バックロールエントリー

など様々なエントリー方法を、ご希望とボートの状況にあわせて練習できます

 

<ボートダイビング潜降>

●水面移動から潜降時までの注意点

 

PADI ボートSP コース 講習 神奈川●潜降時の注意点

 

<楽しみのための水中ツアー>

久米島 ダイビング JIC

●ボートダイビングならではの魅力を紹介
●緊急時の対応

フロート 田子 ダイビング ボート スペシャルティコース SP

・「フロート上げ」トレーニング
※フロート上げSPの詳細 → コチラ

 

<エキジット>

PADI ボートSP コース 講習 神奈川

●様々なエキジット方法の手順や注意点を確認

 

エキジット ボートダイビング PADI

ラダーを使ってエキジットする際の注意点

 

エレベーター式を利用する際の注意点

 

<着岸>
●港に戻り着岸時に注意する事を確認

ダイビング ロープワーク PADI SP 講習 コース

・「ロープワーク」を使ったボートの係留方法(オプション)

※ロープワークSPの詳細 
→ コチラ

 

 

初めてのボートダイビングの方は勿論、リゾート前のボートダイビング練習などにも最適です
ボートによって手順が違う為、何度受けても有益なトレーニングです

お気軽にお問い合わせ、お申し込みくださいませ

お問い合わせページ

講習料金

ボート ダイビング PADI 講習 SP

●海洋実習費
各ダイビングポイントの ボートツアー料金 に準じます

●催行人数
逗子、宮川湾: 1名様より開催
その他のポイント: 2名様より開催

●講習費
1DIVEにつき/5,000円(税別)

●SPカード申請料(希望者のみ)
4,800円(税別)