北斎の見立てを我々も共感してる訳です

北斎 富嶽三十六景

8月
3回目の火曜日
定休日~♪

横浜そごうでやってる 北斎展 に行ってきました

北斎 富嶽三十六景
ご存知、北斎と言えば
冨嶽三十六景
・・・をメインに紹介している展示会
複製画なので写真撮影OK~♪

やはり
一番好きなのは・・・

北斎 富嶽三十六景

以前にも紹介した「⇒神奈川沖浪裏かながわおきなみうら」

次回千円札のデザインにも採用
まさに逗子ボートツアーから見る景色と一緒なんですけど!!

・・・でも、こんな波高かったら、そもそもボート出ないですけど!!(笑)

北斎 富嶽三十六景

東海道江尻田子の浦略図(とうかいどう えじりたごのうら りゃくず)

田子の浦は静岡県富士市
海上から見る富士山の風景は西伊豆でダイビングする時のボートの上から見る景色と一緒ですね~

 

北斎 富嶽三十六景

神奈川県内での冨嶽三十六景
普段よく目にする風景を北斎も親しんでてたのを感じると、なんか親近感湧きますね~

 

また
ただの展示だけではなく

北斎 富嶽三十六景

例えば「神奈川沖浪裏」の誕生秘話も解説するなども含め

北斎の絵がなぜ世界の有名な画伯に影響を与えるほどの絵師になったのかも、分かりやすく紹介(これが面白い!)

 

うちの水中写真講習でもお伝えしている「⇒三分割法」も絵に取り入れられています
やはりバランスよく印象に残るんですね

北斎 富嶽三十六景

こんな所でも、水中撮影の勉強になりました

他の作品も非常に構図の勉強になります!

 

是非行ってみて下さい!!
9/1までー!!早く!!

 

何事も ダイバー視点で 見るがよし (笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA