職場で上司、同僚が心臓発作で倒れる。自宅で家族が階段から落ちた・・・。
自分にとって大切な人達が一瞬にして、このような状況に陥ってしまったら・・・、あなたならどうする?
もし、一般人による緊急ケアを知っていれば、あなたの大切な人を助けることができる可能性が高くなるのです!

EFR PADI 心肺蘇生 AED CPR

心筋梗塞で急死する患者さんの60%は、病院にたどり着く前に急に心臓が止まってしまいます。
心筋梗塞症に限らず、心臓病で心臓が急に止まって救命救急センターに運ばれてきた患者さんのうち、蘇生されて、無事に退院できる人は、日本では100人のうち2~3人しかいません。
しかし、心停止から4分以内に一次救命処置(私達一般人による救命処置:CPR)を施され、8分以内に二次救命処置(専門家による救命処置)が施された場合、患者の51%は退院し、平常の意義ある人生へ復帰できることが示されていますが、一次救命処置が4分以上遅れ、二次救命処置が8分以上遅れた場合、実際に退院できる患者は5%にとどまるという結果が報告されています。
その処置の第一が心肺蘇生法ですが心臓が止まってから心肺蘇生法の開始までは4分間以内でなければ脳が死んでしまいます。 当然救急隊は間に合いませんので倒れた人のそばにいる人が、心肺蘇生法をして助けなければなりません。
心肺蘇生法を習うのは、家族や身近な誰かの命を救うためと言えます。

受講資格

何方でも受講可(ダイバーでなくてもOK)エマージェンシー・ファースト・レスポンスコースとは?

講習内容

一次ケア(CPR )

EFR PADI 心肺蘇生 AED CPR

このコースは生命にかかわる緊急時のための緊急ケアをカバーするものです。参加者は知識開発とスキル開発、現実的なシナリオを通して一次ケアに焦点を当てて学習します。

参加者が学ぶ主なスキルは:

●現場の評価
●バリアの使用
●一次評価
●レスキュー呼吸
●成人・乳児・小児に対して1 人で行うCPR
●ひどい出血の管理
●ショックの管理
●背骨の傷害の管理
●気道閉塞(物が喉に痞えた時)の患者への対応

EFR PADI 心肺蘇生 AED CPR

●AED(自動体外式除細動器)の使用方法のオリエンテーション

二次ケア(ファースト・エイド)

EFR PADI 心肺蘇生 AED CPR

このコースは即座に生命にかかわらないケガや病気、あるいは地元のEMS(救急隊)が到着するのに時間がかかるか、利用できない場合に扱うものです。参加者は知識開発とスキル開発、現実的なシナリオを通して二次ケアと適切なファースト・エイドに焦点を当てて学習します

参加者が学ぶ主なスキルは:

●ケガの評価
●病気の評価
●包帯の使用方法
●骨折や脱臼のときのための副木の使用方法

使用教材

EFR PADI 大人 教材EFR PADI 子供 教材

コースで使用する教材
●EFR一次ケア・二次ケア参加者マニュアル 1,977円
●EFR子供の為のケアマニュアル 1,977円

コース料金

初めて受講される方

◎1次ケア(CPR)+二次ケア(ファーストエイド)+子供のケア
・講習時間(5~6時間)
・価格(税別) 23,000円(申請料・教材費込)

2年ごとに受講するリフレッシュ講習を受講される方

過去に受講された方が再度リフレッシュの為に受講するコースです
◎1次ケア(CPR)+二次ケア(ファーストエイド)+子供のケア
・講習時間(4~5時間)
・価格(税別)
◎教材をお持ちの方 13,000円(申請料込)
◎教材をお持ちでない方・又は新しい教材をお持ちでない方 17,000円(申請料込)
※改訂があった場合教材が新しくなる場合があります。お問い合わせください

キャンセル規定

キャンセルされる場合は前日からかかります
———————-
前日→講習費の5%
当日→講習費の10%
当日連絡なし→講習費の30%
———————-

 

お申し込みは下記よりお問い合わせください
受講可能日時をご連絡いたします

過去の講習の様子

詳細